FCは本部が儲けかたまで指導してくれる

こうすれば成功する!フランチャイズ起業

FCは、商品の供給から商売のやり方までがセットにっています。どんな商品をどのようにして売るかということです。
つまり、FCの本部の指導に従えば、どの程度の売り上げが上がり、どの程度の儲けが得られるという、ある程度の見込みが立ちます。そのための仕事のやり方がきめ細かに決まっているのがFCです。

代理店は自分自身で売り上げを上げる努力をする

一方、代理店は、商品の販売権を本部から取得するものです。だから、売り方は代理店自身で工夫し一番適している方法を見つけなくてはなりません。
代理店ビジネスでも一部の本部(正しくは発売元)の中には、売り方を指導してくれたり、いくら儲かるかを教えてくれるところもあります。しかし、それはあくまで、代理店へのサービスの一環で、制約を受けるものではありません。 だから当然いくら売れて、いくら儲かるという本部の話は、まったく当てにできないし、期待できません。期待できないということが、儲からないということではありません。売り上げや儲けは、代理店自身の商売のやり方如何ということなのです。

FCでは加盟金やロイヤリティが必要

FCでは加盟すると、商売を始めるまでの指導料として加盟金を払うことになります。また、継続的に繁盛するために、開店後もいろいろと本部から仕事を教えてもらう必要があります。その代金がロイヤリティということになります。ただし、中にはロイヤリティの支払いがない本部もあります。これは、本部に支払う商品代金の中にロイヤリティ相当分が含まれているケースが多いです。

FCで開業資金が多く必要なわけ

FCの中には、無店舗販売で開業資金が少ないものもあります。しかし代理店で開業するのに比べて、開業資金は多く掛かります。なぜFCの方が代理店に比べて開業資金が多くかかるというと、FCは開業前の指導料としての加盟金があります。しかし、実は、それだけの理由で開業資金が多いのではありません。
商売で生計を立てていく程の収入を得るためには、それだけのお金を投資しなくてはなりません。FCは、1人の経営者が生活できるだけの収入を保証した商売なのです。そのためには、店舗を作ったり、陳列器具を揃えたりしなければなりません。するとどうしても大きな資金がかかってしまうのです。
例えば、1000枚のチラシの効果より1万枚のチラシのほうがはるかに効果が大です。10坪の店より100坪の店のほうがはるかに売り上げは大きいですね。つまり1人の経営者が生活する収入を得るには、それだけの資金を投じる必要があるのです。

スポンサードリンク

代理店は販売商品が少ない

どうして代理店の本部は、FCのように代理店にお金をかけて商売をさせないのでしょうか。その最大の理由は、取り扱い商品が1〜2点程しかないからです。商品が1点しかないとすれば、それだけ売っていてもなかなか生活を保障できるだけの収入を得ることができないからなのです。